メニュー 閉じる

産業用太陽光

産業用太陽光とは

2012年7月にスタートした全量固定買取制度は10kW以上の太陽光発電で生み出した電力を20年間一定額で買い取ることを国が保証した制度です。2018年現在も産業用太陽光発電の普及が急速に進んでいます。現在(2018年度)の買取価格は18円/kWhと制度が開始時と比べると下がりましたが、それでも太陽光発電が注目され全国に増え続けているには理由があります。

下がったのは買取価格だけではなく、建設コストも設備コストも年々下がっております。それに加えて太陽光パネルの発電効率やパワーコンディショナの変換効率は上昇しています。結果的に現在でも利回り10%前後の安定的な収入を20年間得ることが可能だからです。

また産業用の自家消費システムでは税制面での優遇があります。
以前は「生産性向上設備投資促進税制」や「中小企業投資促進税制」を利用して100%即時償却ができましたが平成29年3月31日をもって廃止されました。平成29年4月1日からは「中小企業経営強化税制」が新たに適用され、市長村からの固定資産税を3年間1/2に軽減することが可能です。また国からの固定資産税を100%即時償却または、10%の税額控除(資本金3000万以上の法人は7%)を受けることが可能です。

施工実績

テックジャパンでは自社社員による施工・メンテナンスを行っております。
2018年11月現在関東近郊を中心に約6.6M施工、販売しております。

1
2
3
4
sfi-img

東南アジアでも太陽光設備を計画 しています

東南アジア諸国では現在でも電気が通っていない町がたくさんあります。また深刻なエネルギー不足に悩まされている地域もたくさんあり、原子力発電を廃止している国では再生可能エネルギーの普及していくしかありません。テックジャパンは安定して電気が使えるよう太陽光発電設備を導入していくことを計画をしております。

banner
banner2